本から学び仕事に活かすブログ。

ビジネス書の研究、社説の読み比べと要約など。実力派ビジネスマンに向けて、役立つサイト作りを目指してます。

注目が集中する日。【今日の社説読み比べ】2017/6/16

みなさん、おはようございます。

今日は暑くなりそうです。夏が近づいてきてますね。

みなさんにとって、充実した一日になりますように。

 

f:id:daishibass:20170612050717j:image

もくじ

 

 

社説とは

新聞・雑誌などで、その会社の主張・意見としてのせる論説。

 

新聞各社の、たぶん偉い人が、日々それぞれの考え方や立ち位置をベースに、世の中に対して小言を言ってるようだと。

 

時にガミガミと、時に淡々と。

ご意見番たちが世の中に、一言もの申す。

 

新聞さん達が、

何の話題を、

誰に対していってる?

 

文字のエキスパート達が贈る競演の日々。

比べて学べば、何かが見えてくる!? 

大手五社の社説を見比べてみます。

 

 

【今日の社説一覧 2017/6/16】

朝日新聞
権力の病弊 「共謀罪」市民が監視を
権力の病弊 「加計」解明これからだ


産経新聞 
テロ等準備罪成立 国民を守るための運用を 海外との連携強化に生かせ


毎日新聞
「共謀罪」法の成立 一層募った乱用への懸念
加計文書の再調査結果 「総理の意向」確認は重い


日本経済新聞
あまりに強引で説明不足ではないか
成長の壁に挑んだイメルト氏


読売新聞 
テロ準備罪成立 凶行を未然に防ぐ努力続けよ

 

【ピックアップ記事】

共謀罪、加計学園に注目が集まってます。

 

朝日新聞さんは、共謀罪成立については、市民の自由と権利が侵されちゃうかもしれないから、ちゃんと見張らなきゃね、といってます。

 

産経新聞さんは、共謀罪成立については、そうね、でも法務大臣は質問に答える能力どうすかねぇ、といっています。

 

毎日新聞さんは、共謀罪成立については、らんぼうだけどまぁそうね、国民が見張らなきゃ、といっています。

 

日経新聞さんは、

加計学園と共謀罪をセットにして、ゴーインで説明足りんと、もの申されてます。

まとめてもの申すあたりは、もう一つの記事の大切さを物語るものなのでしょうか。

 

読売新聞さんは、

共謀罪じゃなくてテロ等準備罪だ。

ちゃんと使っていきたいね、

参議院はらんぼうだったけど、 といっています。

 

で、気になる日経新聞さんの2つ目の記事は、

米ゼネラル・エレクトリック(GE)の発展は、日本企業にとって多くの教えがあり、ジェフ・イメルト最高経営責任者が七月に退任する予定で、後任の、名門復活への手腕に注目といっています。

 

多国籍でいろんな業種を持つ、特許めっちゃ取ってる企業さんなのですね。

 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

 社説の読み比べの面白さについては

こちらの記事でご紹介しております→

【芸人式新聞の読み方】

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

PR