本から学び仕事に活かすブログ。

ビジネス書の研究、社説の読み比べと要約など。実力派ビジネスマンに向けて、役立つサイト作りを目指してます。

都議選後の安倍政権について4社。【新聞社説読み比べ2017/7/4(火)】

 

おはようございます。

今日も暑い日になりますね。

今日もあなたにとって、充実した一日となりますように。


f:id:daishibass:20170702141428j:image

もくじ

 

社説とは

新聞や雑誌の、その会社の主張・意見。 

新聞各社のたぶん偉いひとが、それぞれの考え方や立ち位置などをもとに、日々、世の中にお小言をいっているよう。 

時にガミガミと、時に淡々と、賢者たちが一言もの申す。 何の話題を?誰に対して? 

文字のエキスパートたちの共演の日々。大手5社の社説の読み比べで学びます!

【今日の社説 2017/7/4(火)】

朝日新聞
都議選、重い民意 首相の「反省」は本物か
都議選、重い民意 本気で議会の改革を

 

産経新聞
安倍政権 課題実現へ信頼取り戻せ
中国艦の領海侵入 安全保障に空白許されぬ

 

毎日新聞
東京都議選と首相の「反省」 すり替えは通用しない
民進党「受け皿」になれず 深刻さがわかっているか

 

日本経済新聞
一層強まった香港「一国二制度」への不安
自律的な成長になお努力を

 

読売新聞
都議選1強大敗 政権の信頼回復を地道に図れ
日銀短観改善 企業の自信回復を成長の力に

PR

 PR

【ピックアップ記事】

都議選後の安倍首相について、4社がもの申してます。

自民党内部でどうにかしなきゃ、というのは朝日新聞さんと毎日新聞さん。

都民ファーストとの絡め方に違いが出た、産経新聞さんと読売新聞さん。

4社とも反省してる?という中、産経新聞さんは「反省するなら憲法改正しなきゃ」という流れになっているようです。

 

★朝日新聞さんは、

惨敗に終わった都議選で反省を繰り返し口にする安倍首相について、

敵の異論は聞かず数の力で押し通す体質を改められるか問われてて、ただの看板の掛け替えは国民は求めてないっす。

都議選敗北を受け、国会の閉会中審査に応じるらしいね。いいけどそれでは足りない。臨時国会すぐやらなきゃ。自民党議員も、国会議員として首相に臨時国会やろうって言えばいいじゃん。

反省が言葉だけなら、民意もっと離れちゃうよ。

 といってます。

 

★産経新聞さんは、 

東京都議選の結果を「反省しなけらばならない」とした安倍首相について、

国民の信頼と理解を得られなかったし、加計学園の対応を自ら認めるようにまずかったこともあり「信頼回復していきたい」と言ってるけど、具体的には何かな。

2020年施行の憲法改正の方針はブレたらダメだよね。小池都知事だって憲法改正が持論だし。

とはいえ憲法改正の流れが衰えそうだから安倍首相は信頼回復全力で、政策実現しなきゃね。

といってます。

 

★毎日新聞さんは、

東京都議選に惨敗し「謙虚に丁寧に」国政に取り組むと語った安倍晋三首相について、

野党が臨時国会求めてるのにやらないし、憲法改正で合意を得ようとする謙虚な態度もないじゃん。反省してる?

今回の惨敗で「人づくり革命」をステップに憲法改正につなげようとしてるけど、そのすり替えは通用しないよね。政治手法そのものが問題に思われたんだし。野党の話聞かないわ、問題ある議員登用に任命責任取ろうとしないわ、官僚は人事権で従わせるわで、そりゃ国民に不信に思われますわな。

自民党内には安倍首相への不満あるし、内部でちゃんと問題点指摘できるかどうか。

といってます。

 

★読売新聞さんは、

大敗した都議選に反省の弁を記者団に述べた安倍首相について、

一度失った国民の信頼を回復させるのは簡単じゃないよね。「初心に返り丁寧に政策を進めたい」って言葉はその通りにしてもらいたいし、成果上げてかなきゃね。

憲法改正もね、公明党は国政では一緒にやろうねというけど、慎重になるかもしれないし、関係元に戻さなきゃね。

党内で人事変えようって話みたいだけど、安易な考え方で変えようとしても意味ないよ。安定体制でいかなきゃね。

民進党は期待されてないのよく受け止めなきゃね。

与党は集中審議すぐやって、加計学園のことも丁寧に答えんと。

都民ファーストが国政に絡んでくるのかな。

もしそうなら、ちゃんと理念と政策ださなきゃね。

といってます。

 

◇ ◆ ◇ 

朝日新聞は、○○なおじさん!?

新聞読み比べの面白さはこちらの記事→

 

www.daishibass.com

 

 

PR