本から学び仕事に活かすブログ。

ビジネス書の研究、社説の読み比べと要約など。実力派ビジネスマンに向けて、役立つサイト作りを目指してます。

加計学園問題の何にもの申しますか?【新聞社説読み比べ2017/7/11(火)】


f:id:daishibass:20170710220548j:image

新聞大手5社の社説を読み比べて要約します。

☆ 本日よりレイアウト変更しました☆

もくじ

ピックアップ記事

加計学園について、もの申しどころが分かれております。

与党側の対応どうなのとは、朝日新聞と毎日新聞さん。行政文書ルールへと物申していく日経新聞さん。現行規制そのものがどうなのとする読売新聞さん。

各社の立ち位置が表れているように思えます。

PR

 PR

閉会中審査した加計学園について

4社が取り上げてます。

 

★朝日新聞さんは、

閉会中審査してる与党の対応について、

和泉氏の話も聞いて、前川氏が言ってることと合わせて確認するのが筋なのに、来なかったよね。説明責任どうなったの?

つーか首相いないってナニ?外国から帰ってくるの待てばいいじゃん。首相と和泉氏とか関係者は国会で答える責任あるし、憲法53条の通り臨時国会収集に応じないと。要求から20日以内に集まるって内閣に義務づけてるでしょ。

といってます。 

 

★毎日新聞さんは、

閉会中審査の与党の対応について、

問題点は改めて整理されたね。

前川氏が「文科省文書ある」って改めて言ったけど、萩生田氏は「あるって言った記憶は無い」って言う。首相のご意向があったかは根拠なく否定するし、追加調査も拒むし、もうこれ嘘ついてるのか証人喚問するしかないよね。

山本地方創生担当相も国民に理解してもらおうって気が無いでしょ。首相は「国民に分かりやすく説明していく」って言ったんじゃないの?

自民党は、前川氏が「中心人物」だとする和泉首相補佐官を出席させなかったね。同じく出席しなかった首相に聞きたいこと山ほどあるわ。

といってます。

 

★日経新聞さんは、

 行政がする意思決定の公正さと国民への説明責任について、

与野党の見解が違うから、事実解明しなきゃね。加計学園の許認可に政府の圧力とか忖度とかあったらマズいっしょ。疑問点多く残ってるから、与党と政府は野党の審議に応じるべき。

森友問題だってまだ不透明じゃん。

どっちの件も行政文書の制度に問題あるからルールちゃんと決めてほしいよね。

といってます。

 

★読売新聞さんは、

現行の規制について、

前川氏の発言は一部根拠が弱いね。

そりゃ首相のお友達を特別扱いしてたなら問題だけど、規制改革の突破口を開くってのはまぁ一つの考え方だよね。

前川氏は獣医師の需要そのものイコール加計学園の学部新設とはならないんじゃない?としてるけど、それこそ前川氏が説明責任から逃れたいが為の議論すり替えなんじゃん?

獣医学部の新設ができない今の規制が良いのかどうか、根本から話し合わなきゃね。

といってます。

 

今日の社説一覧 2017/7/11(火)

朝日新聞
閉会中審査 首相の説明を聞かねば
ISとの闘い テロの根源を見据えて

産経新聞
北朝鮮とG20 圧力強化の姿勢緩めるな
宗像・沖ノ島 古代からの豊かさ次代へ

毎日新聞
ISの拠点モスルを解放 掃討へ国際連携の強化を
前川氏が国会で初証言 やはり首相出席が必要だ

日本経済新聞
気象情報いかし頻発する豪雨に備えを
事実解明へさらに努力がいる

読売新聞
内閣支持率続落 驕り排して政策で結果を出せ
加計学園問題 戦略特区の疑念解消が急務だ


社説を読み比べて要約することについて。

◇ ◆ ◇

先週一週間の社説を振り返る記事はこちら↓

www.daishibass.com

PR