本から学び仕事に活かすブログ。

ビジネス書の研究、社説の読み比べと要約など。実力派ビジネスマンに向けて、役立つサイト作りを目指してます。

一週間の社説読み比べを振り返る。8.19~8.25

 

f:id:daishibass:20170821130104p:plain

一週間の社説をプレイバック!

8月19日(土)~8月25日(金)までの社説読み比べを振り返ります。 

もくじ

 

8/19(土)

8/19の社説読み比べ

北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対して、日米の外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)が行われ、5社がモノ申しました。各社一定の評価を示しました。

朝日…日米韓に中露を巻き込んで対話局面へ。

産経…敵基地攻撃能力もためらわず導入して欲しい。

毎日…日米は具体的にはどっちが何やるの?

日経…米国にはアジアへの興味を持たせ続けなきゃね。

読売…協力関係の拡大は、日本の防衛力強化にも繋がる。

 

バルセロナでのテロに2社。

産経…怒りと決意がテロ排除の第一歩。

毎日…現実問題として、ISの意志を受け継ぐ者は現れる。

 

8/20(日)

8/20の社説読み比べ

水銀の使用や輸入を国際的に規制する「水俣条約」が8月16日から発行されました。

朝日…提案国の日本は途上国への協力なども行うべき。

 

17日には毎日さんも取り上げてます。

毎日…60年経った今でも全体像が掴めてない。政府は足元の問題にちゃんと向き合うべき。

 

米通商法301条の適用について。

トランプ米大統領が通商法301条に基づく制裁措置を視野に入れ、中国による知的財産侵害の実態調査を始めました。

産経…米国の一方的な方法で、報復返しになりかねない。保護主義でなく協調路線が必要でしょ。 

 

17日調査開始前には、読売さんも取り上げてました。

読売…米301条そのものに問題を抱えているし、取引材料にするのはどうか。お互いが後々利益になるような貿易目指した方が良いね。

 PR

 

8/21(月)

8/21の社説読み比べ

これからのあるべき大学の姿について、20日から長編として取り上げている日経さんに産経さんが続きました。

①23区の定員抑制でなく地方の価値を高めるべき。②大学増えすぎ。統合したり減らす方向で。という意見はどちらも同じようです。

日経…まず国際競争力の強化っしょ。高校無償化は、大学の価値高まることが前提。経営サイドに、教育まで口出させないための「統治」(ガバナンス)改革もね。

産経…どこで?じゃなくて何を学ぶか。その人材確保をすべく政府は構想を練って。

 

8/22(火)

8/22の社説読み比べ

民進党の代表選が始まりました。9月1日投開票の日程で行うことが決定され、前原・元外務大臣と枝野・元官房長官が競ってます。4社が社説で取り上げました。

「自民党批判の受け皿になれてないのは、内向きで政策も明確に出せてないから」というのが大筋のご意見です。

・・・それにしても朝日さんの「崖っぷちだ、どうする」という本気なのか他人事なのかわからないタイトルにはなんだか気が抜けてしまいます。

朝日…地に足をつけ「国民と共に進む」原点に立ち帰れるが、民進党の存亡に関わる。

毎日…もう後が無いって自覚して、両氏で徹底議論してね。

日経…また内向きになるなら野党第一党は他に任せた方が。

読売…両者ともに安全保障関連法を違憲とするのは疑問っすわ。

 

米国バノン氏の更迭ランプ大統領がスティーブン・バノン首席戦略官 兼 大統領上級顧問を更迭。2社が取り上げました。

産経…穏健な現実路線へ向くことを期待したい路線を変えるには良いタイミングかもしれない。
日経…トカゲの尻尾切りなら政権批判収まらないよ。米大統領として、また国家元首としても相応しい振る舞いを求める。

 

8/23(水)

8/23の社説読み比べ

民進党の代表選に産経さんも。

産経…国の独立と国民の生命を守ることについて語らないリーダーに、国の舵取りを任せられるか。っちゅうのが率直な感想。

 

米国バノン氏の更迭に読売さんも。

ホワイトハウス内の対立が収まっても、トランプ氏の過激な言動が米国の足を引っ張るという現実を直視した方が良いよね。

 

8/24(木)

8/24の社説読み比べ

南海トラフ地震について産経さん。26日には朝日さんが取り上げます。

産経…防災意識が高い海溝型だけでなく、前後に起こる直下型への備えも必要だろう。

 

8/25(金)

8/25の社説読み比べ

東京パラリンピックまであと3年となり、2社が取り上げました。
産経…バリアフリー化の街づくりは、高齢化社会への備えに繋がる。社会全体で共有したい。
毎日…誰もが過ごしやすいバリアフリー社会を築くためには、いわゆる心のバリアフリーが必要だろう。

 

トランプ政権のアフガン新戦略として、混乱が続くアフガンから撤退すればテロリストの温床となることを懸念し、駐留を続ける方針を示しました。

毎日さんと読売さんが評価しました。

毎日…事態を打開するには平和的な工作が必要でしょ。
読売…問題は、アフガンのガニ政権と治安部隊では治安悪化を抑えられない事だ。

 

◇ ◆ ◇ 

 

社説がより楽しくなるおススメの本!

世界情勢をより理解するのにおススメ☆

世界各国の気持ちを知るのに重要な概念の地政学。あの国はなぜ、あんな感情を持っているのかな?

地政学の本が多く出ている中で「なるほどっ!」と分かりやすい本だから、地政学と各国の考え方の理解力が格段に上がります!地政学の入門にとても適しているおススメ本です☆

付録の「今がわかる世界地図」は世界の要所が一目で分かるスグレモノです♪

記事はこちら

マンガでわかる地政学 (池田書店のマンガでわかるシリーズ)

マンガでわかる地政学 (池田書店のマンガでわかるシリーズ)

 

 

f:id:daishibass:20170709230141j:plain地図を使いながらの説明がわかりやすいのも魅力の一つです☆

 

新聞の面白さに気付けるようになる本☆

新聞各社をおじさん化させて、キャラを分かりやすくさせるワザが秀逸すぎる!読み物として楽しめる上に、新聞の魅力をすっごい引き出すから何倍もオイシイ本です!

思わず誰かに話したくなるくらい、新聞が面白く読めるようになります☆ 

記事はこちら

芸人式新聞の読み方 (幻冬舎単行本)

芸人式新聞の読み方 (幻冬舎単行本)

 

f:id:daishibass:20170709230141j:plainいろんな意見から真実を浮き彫りにしていく、という楽しさを味わえました♪

 

PR

 

結婚式二次会・忘年会の景品なら【景品本舗】

女性へのメッセージに最高。チョーかわいい!「マシュマロ電報」

無二のシャンパンボトルをスマホでデザイン、すぐ贈れる【#JACKBOTTLE】

大切な人に月の土地を贈ろう

ヒーロー・ヒロインから手紙が届く!【キャラレター】