本から学び仕事に活かすブログ。

ビジネス書の研究、社説の読み比べと要約など。実力派ビジネスマンに向けて、役立つサイト作りを目指してます。

森友・加計問題の取り上げ方に2社の個性が出た。|社説読み比べ[2017/10/13(金)]

~毎日更新中~

社説読み比べタイトル10.13

「社説」とは新聞や雑誌の意見・主張。読み比べれば、どの話題に注目が集まっているかわかり、時事問題にも強くなる!

大手5社(朝日、産経、毎日、日経、読売)の社説をTwitterサイズで要約します。 

《記事比較》森友・加計問題の取り上げ方

昨日のストレートな取り上げ方をした朝日新聞さんに続き、2社が取り上げます。 

 

北朝鮮問題に対しての関心が高く、社説で取り上げることの多い産経新聞さん。「北朝鮮問題などに国民の目が向く」から森友・加計が盛り上がらないとするあたり、ツッコミたくなります。

 

読売新聞さんも「説明すべき」といいます。政権側に立つ様子がよく見られる読売さん。「でももう自民党反省してるから」という事も含ませるあたり、議論の加熱を抑えようとしてるようにも。そして希望の党に矛先をさらっとカーブさせて、話題を終わらせてます。

 

産経新聞

北朝鮮問題が大きくて目立たないんだけども、 説明責任はあるよね。野党は追及しきれなかった責任がある。

 

読売新聞

自民党は、反省してるじゃん。希望の小池氏は隠蔽ゼロって言うけど、まず都政でやれば。 

  

◇ ◆ ◇

では、今日の各社社説を要約します。

 

朝日新聞

衆院選 安保法と憲法9条 さらなる逸脱を許すのか

北朝鮮問題を「国難」といい危機をあおるのは、脅威を求心力につなげ、自衛隊と同盟の強化につなげる狙いなのか。集団的自衛権を「合憲」に一変させた根拠も薄く、まさに言いくるめだ。

自衛隊は日本に対する攻撃がなくても、国外に出て行って米軍とともに武力行使ができるようになった。

「安保法を廃止するとなれば、日米同盟に打撃となる」と首相は言うが、大部分は個別的自衛権で対応できるはずだ。政策の進め方そのものも、衆院選で問われるべきことである。

 

 

産経新聞

姉妹市の慰安婦像 友好損なう捏造を許すな

米カリフォルニア州サンフランシスコ市で、中国系の民間団体が慰安婦像と碑を設置した。

姉妹都市関係にある大阪市の吉村市長による再三の忠告に対して、リー市長は像の寄贈を受ける方を選んだことになる。まともな判断とは言えない。

米国では、中国系や韓国系の反日団体がさかんな地域もある。関係悪化もやむを得ない。

 

森友・加計問題 説明責任は選挙後も続く

森友・加計問題が盛り上がらないのは、北朝鮮問題などに国民の目が移っているからだろう。とは言え、選挙中でも後でも、説明責任はある。

公文書をどうやって管理するのか、という問題は未解決だ。攻めの決め手がなく、追及しきれなかった野党にも責任がある。

 

毎日新聞

日本の岐路 エネルギー政策 原発依存からの出口は

ベトナムでは日本が受注した原発計画を白紙にする。世の再生可能エネルギーの発電コストはどんどん下がっていく。

そんな中、自民党は原発を可能な限り使わないというが、30年には電力の2割を原発に割り当てている。核燃料サイクルなど、公約に加えるべき。

希望の党は、脱原発というが実際は矛盾する。

立憲民主党と共産、社民両党は「原発ゼロ」に加え、再稼働にも反対するが、具体策を示してほしい。

 

沖縄米軍ヘリ不時着事故 基地集中の理不尽さ再び

米軍のヘリコプター不時着事故は、一歩間違えれば人が巻き込まれてもおかしくなかった。近年は沖縄での事故が目立つ。今の日米地位協定では、日本は米軍の許可なしには調査もできない。

今回の衆院選では多くの野党が地位協定の見直しや改定を掲げる。国民の生命を守れない協定なら、検討は必要だろう。

 

日本経済新聞

世界の取引網揺るがす神戸製鋼の改ざん

神戸製鋼所の悪質な手法に、弁解の余地はない。過去にも数々の不祥事を起こし、不正のデパートと呼びたいほどお粗末だ。

神鋼内で各部門の風通しの悪さが不祥事の背景になるなら、各事業を独立させるのも手かもしれない。

 

与野党は同じ土俵で議論を

今年の通常国会で成立したテロ等準備罪は、ふつうの手続きでも成立できたはずだが、手間を惜しんだと思われる進め方だった。阻止したい野党が引き伸ばして時間切れを狙ったのも邪道だった。与野党の公約からは議論の深まりは見えない。

森友・加計問題といった疑惑をはっきりするための政治倫理審査会は、10年近く開かれない。

放っておくのは与野党とも不利益になるだろう。

 

読売新聞  

政治姿勢 国民の疑念には真摯に答えよ

首相は、森友・加計学園問題の疑惑隠しとの疑念に対して、選挙中でも後でも誠実に説明すべきだ。同じ内容ではなく、新たな事実がわかるようでなければ、国民の理解は難しいだろう。それには正確な記録の保存が必要となる。

自民党が「行政文書の適正な管理に努める」としたのは反省の表れだろう。

希望の党は「隠蔽ゼロの断行」を掲げる。小池都知事は、まずは都政でそれをすべき。

 

衛星みちびき 日本版GPSを有効に使おう

準天頂衛星「みちびき」4号機が打ち上げられた。春から24時間の4基体制がスタートする。今後、誤差1メートル以下の位置情報を安定して得られるようになり、特殊な受信機を使えば誤差6センチ程に精度が上がる。

自動走行する農業機材への導入や他の技術と合わせるなど、新たな事業を開拓したい。

打ち上げ費用に見合う効果を期待する。

 

各社社説の参照先 

朝日新聞  →社説トップページ

産経新聞  →社説トップページ 

毎日新聞  →社説トップページ 

日本経済新聞→社説トップページ

読売新聞  →社説トップページ 

 

www.daishibass.com

◇ ◆ ◇

こんな記事もあります↓

www.daishibass.com

 

www.daishibass.com