本から学び仕事に活かすブログ。

ビジネス書の研究、社説の読み比べと要約など。実力派ビジネスマンに向けて、役立つサイト作りを目指してます。

どんな政策を求めるか、5社がモノ申す。|社説読み比べ[2017/10/17(火)]

~毎日更新中~

 

f:id:daishibass:20171014225459p:plain

「社説」とは新聞や雑誌の意見・主張。読み比べれば、どの話題に注目が集まっているかわかり、時事問題にも強くなる!

大手5社(朝日、産経、毎日、日経、読売)の社説を要約します。 

《記事比較》政策にそれぞれモノ申す。

どんな政策を検討すべきか。5社がモノ申します。

 

朝日新聞

教育無償化は財源のこと考えて、優先順位をつけて。

情報公開法は、国民の知る権利を確実に。

 

産経新聞

外交で本当に安全を考えるなら、敵地攻撃能力は持ちたい。

 

毎日新聞

有効求人倍率の実態をちゃんと見て。格差あるでしょ。

 

日経新聞

待機児童対策と働きやすさへの取り組みで、もっと女性と高齢者に就業を。

 

読売新聞 

残業が本当に減る政策を議論してね。

 

◇ ◆ ◇

SWOT分析例つきの、新聞記事の読み方はこちら↓

www.daishibass.com

 


◇ ◆ ◇

では今日の各社社説を要約します。

 

朝日新聞

衆院選 教育無償化 優先順位とメリハリを

各党が「教育無償化」を公約に掲げる。聞こえはいいが、1千兆円の借金を抱える日本は、財源の使いみちには優先順位を考え、メリハリをつける必要がある。就労支援などで生活の安定を図らなければ解決にならない。

 

衆院選 知る権利 民主主義の明日を占う

森友・加計学園問題でのないない尽くし。PKO日報をめぐる隠蔽。情報公開法の制定から18年になるが、知る権利を確実に保障する社会をつくることが大切だ。行政の人たちの意識と行動を変える必要がある。

 

産経新聞

衆院選と安全保障 国民の命に責任もてるか

外交上の「圧力」は口にしても、実際のある手立てについて、どれだけ選挙で語られているか。本当に安全を保つには「専守防衛」から「積極防衛」への変わる。その第一歩に、敵基地攻撃能力を持ってもらいたい。

北朝鮮問題の対応を間違えれば、日米同盟も不安定になる。米本土をICBMで核攻撃できるようになったとするなら、米政府は米国民を核攻撃のリスクにさらしてまで、日本を守ろうとは思わないのではないか。

 

毎日新聞

核禁条約ふれぬ日本決議案 培った信頼が損なわれる

日本政府が核兵器を無くすことを目指す決議案を今年も国連に提出した。支持してきた国の一部が反対に回りそうだ。決議案が、核を持たない国の条約を評価せず、核保有国の義務を軽くしたとなれば、核廃絶の理念とは逆になる。

 

視点・総選挙 雇用改善の実像 人を語らぬ政治が残念だ=論説委員・中村秀明

「有効求人倍率が一倍を超えた」と、安倍首相は成果を語るが、実際は地方や職種により大きな差がある。

過重労働や心身の疲れが起こる職種に人が集まらないなど、果たせない課題に向き合う努力があってもいいだろう。

 

日本経済新聞

17衆院選 女性や高齢者の就業促す抜本策を示せ

労働力が不足する。女性に労働してもらうのに最優先すべきは、待機児童対策だ。教育無償化の影に隠れてしまっているのが気がかり。働きやすさ、職業紹介、能力開発への取り組みで、高齢者の就業もうながせる。

 

イラン核合意を崩壊させるな

トランプ大統領は「イランは軍事施設の査察を拒み、ミサイル開発をしている」と批判する。国際原子力機関は、イランは取り決めを守っていると説明する。オバマ前大統領の実績を否定するのがトランプ氏の狙いなら、混乱を招くだけだ。

 

読売新聞  

働き方改革 残業削減へ実効性ある施策を

政府は「働き方改革実行計画」を策定したが衆院選で先送りだ。実際には際限のない今の残業時間を改める意義は大きい。

新たな規制は上限ギリギリまで働いて良い、という主旨ではない。とはいえいきなり厳しくするのも難しい。企業ごとに適切運用していくべき。

 

神戸製鋼不正 全容の把握と安全確保を急げ

2006年には環境基準を超えるばい煙を排出するも、データを書き換えている。08年には子会社で鋼材強度の偽装が発覚した。不正の連鎖を生む、企業風土が問題の本質だろう。馴れ合いのない運営や、第三者視点の取り入れが必要。

 

各社社説の参照先 

朝日新聞  →社説トップページ

産経新聞  →社説トップページ 

毎日新聞  →社説トップページ 

日本経済新聞→社説トップページ

読売新聞  →社説トップページ 

◇ ◆ ◇

こんな記事もあります↓

www.daishibass.com

 

www.daishibass.com