本から学び仕事に活かすブログ。

ビジネス書の研究、社説の読み比べと要約など。実力派ビジネスマンに向けて、役立つサイト作りを目指してます。

書籍「空気の研究」にはスーパー○イヤ人で挑みたい。

か…感想が書けない…!

感想が無いわけではなく、むしろ最上級のてっぺんの魔人ブウ戦後の天下一武道会の優勝に位置するくらい、必読な本だと思った。

絶対に避けて通りたくない本!

これを知っておけば、世の中に多く存在する、意味不明な圧力への理解が深まります。

こと日本で暮らすにおいては。

 

日本列島どこでだってあらゆる場所で、空気作りを再現できる術を身に着けたい!と思った。

空気こそが日本の最高権力者か!?と思った。

でも、なんと言葉にしたら良いかがまだ分からない。

 

空気だけに。

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

 

読後によくわかったことは、マーケティングがしっかりと行われている企業は、無意識的であれ意図的であれ、空気づくりを行っているということ。

「あの場の空気では、ああするしかなかった。」

そんな風に「空気」のことを言われたら、妙に納得してしまう。それこそが日本の本質だと言えます。

 

あぁ、ちゃんとむきあって、この本の感想を書こう。改めて要約しよう。

最終形態のフリーザに界王拳も使わず挑んでるような、そんな気分です。どうやって勝とうかも何もありゃしません。

今書いてる風じゃなくて「空気これか!わかったすげぇ!」を、言葉にしたい!

スーパー○イヤ人できゃつに挑まねば、「空気の研究」という素晴らしい本の感想が、要約が、書けない。

 

f:id:daishibass:20171108001237p:plain

とりあえず、空気に何かしらヤラレタ感を持つ方に。完璧な正論がなぜ見向きもされなかったか。そういうような悔しさを持っている方に、本書の概念をおすすめしたいです。次に捉えるべき対象が、ハッキリと見えてきます。

 

日本においての重大な決定権を持つ「空気」。その「研究」が本書で行われております!

 

 

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

 

 ◇ ◆ ◇