本から学び仕事に活かすブログ。

ビジネス書の研究、社説の読み比べと要約など。実力派ビジネスマンに向けて、役立つサイト作りを目指してます。

①新聞さんの心意気②豊洲移転について【今日の社説】2017/6/21

 


おはようございます。

今朝は雨模様です。

 

今日もあなたにとって、

充実した一日になりますように。


f:id:daishibass:20170621051156j:image

もくじ

 

 

社説とは

新聞・雑誌などで、

その会社の主張・意見としてのせる論説。

 

新聞各社の、たぶん偉い人が、

それぞれの考え方、立ち位置から、

世の中に対して小言を言ってるようだと。

 

時にガミガミと、時に淡々と。

ご意見番たちが世の中に、一言もの申す。

 

彼らは、

何の話題を、

誰に対していってる?

  

文字のエキスパートたちが贈る競演の日々。

比較して学べば、何かが見えてくる!? 

大手五社の社説を見比べてみます。 

 

 

 【今日の社説 2017/6/21】

朝日新聞
加計、森友問題 首相の約束どうなった
加計、森友問題 疑惑の全容を解明せよ

産経新聞
築地市場移転 これでは判断材料足りぬ
マクロン新党 欧州安定への中核となれ

毎日新聞
小池都知事の市場移転方針 これでは将来が見えない
「萩生田氏発言」の新文書 官邸ぐるみが疑われる

日本経済新聞
アジア投資銀への対応を日米で協議せよ
まずは豊洲の不安をぬぐえ

読売新聞 
築地市場再開発 豊洲移転との両立は可能か
英EU離脱交渉 混乱回避には柔軟さが必要だ

 

【ピックアップ記事】

朝日新聞さんは、

加計、森友問題について、

 

一つ目の記事では、

首相はちゃんと説明してね、

反省は口だけっすか?とし、 

二つ目の記事では、

昭恵氏はちゃんと説明してね、と。

 

わざわざ2つの記事に分け、

加計、森友問題のタイトルでまとめる。

というヒネリに、心意気を感じます。

 

豊洲移転問題

4社が取り上げています。

 

産経新聞さんは、

小池百合子知事の基本方針について、

これじゃぁ分かりにくいわ、

そもそも都議会どうなのよ?って中だし。

都議会のどっち側であっても、

データとか全部隠さず出してね。

 

でないと都民決めらんないよ、

五輪関係もですわ。

といってます。

 

毎日新聞さんは、

とりあえず、豊洲へのお引っ越しが

きまっただけで、

賛成と反対のどっちにも

いい顔しただけじゃん。

といってます。

 

日経新聞さんは、

小池知事について、

できるだけ早く豊洲に移転したほうがいい、

選挙前に方向性ちゃんと示せたのは

まぁいいよね、けど、

豊洲の土壌不安と、赤字対策しなきゃね。

 

それに、移転のメドいつなの?とか

築地残りたい人たちの支援って?とか

具体案なく、あいまいですな。

といってます。

 

 読売新聞さんは、

小池百合子知事について、

都の無責任体質を明らかにしたのは

まぁそうね、けど

築地と豊洲の両立ってできんの?

 

都議選の票を気にしてるんだろうけど

都内の11の市場も合わせて考えたら?

といってます。

 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

 社説の読み比べの面白さについては

こちらの記事でご紹介しております→

【芸人式新聞の読み方】

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

PR