本から学び仕事に活かすブログ。

ビジネス書の研究、社説の読み比べと要約など。ビジネス戦略を要する実力派サラリーマンに向けて、役立つサイト作りを目指してます。

①稲田氏からの安倍首相②中国の人権は【今日の社説読み比べ】2017/6/29

 

おはようございます。

今日もあなたにとって

充実した一日となりますように。

f:id:daishibass:20170617234532j:plain

もくじ

 

社説とは

新聞や雑誌の、その会社の主張・意見。 

新聞各社のたぶん偉いひとが、それぞれの考え方や立ち位置などをもとに、日々、世の中にお小言をいっているよう。 

時にガミガミと。時に淡々と。賢者たちが一言もの申す。 何の話題を?誰に対して? 

文字のエキスパートたちの共演の日々。大手5社の社説の読み比べで学びます!

 

 PR

【今日の社説 2017/6/29】

朝日新聞
稲田防衛相 首相は直ちに罷免せよ
中国の人権 劉暁波氏の即刻救済を

産経新聞
重病の劉暁波氏 中国は即時解放を認めよ
小中学「解説書」 国の守りに理解深めよう

毎日新聞
米入国禁止令の一部容認 「自由の国」の奇妙な判断
稲田氏「自衛隊としてお願い」 自覚の乏しさにあきれる

日本経済新聞
東芝のメモリー事業はどこへ行くのか
ITの巨人と対峙する欧州

読売新聞
対「イスラム国」 モスル奪還を壊滅に繋げたい
ヒアリ初確認 水際の対策強化で拡散防ごう

 

【ピックアップ記事】

 

稲田防衛相について

2社が取り上げてます。

2社どちらもが、稲田氏からの〜安倍首相へと、まさかの矛先被りが見られます。

 

★朝日新聞さんは、

稲田防衛相(ぼうえいしょう)の都議選の応援演説について、

えっ!?「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」って…

公務員が地位を利用して選挙やるのは、公職選挙法ではダメっしょ。自衛隊として特定の候補者を支持するのもダメなのに。

その非常識さ、信じらんないけど、もっと信じらんないのは稲田防衛相をかばう安倍政権でしょ。

さんざん、国会で問題発言してきた稲田防衛相を、ずっと重用してきた安倍首相の責任重いっす。稲田防衛相に職をやめていただくことが責任取るってことでしょ。

といってます。

 

★毎日新聞さんは、

稲田防衛相の応援演説について、

なんか防衛相が組織ぐるみで特定のひと応援してるようですけど、しかも後になってそれを撤回しましたけど、撤回じゃ済まされませんよね。

閣僚も公務員なのに、自衛隊の責任者でもあるのに。これまでだって問題発言あったよ。しかも今回は菅義偉官房長官にうながされたってか。

こういう閣僚の無責任発言って、安倍首相が

その人をかばっちゃってるからじゃないの?

といってます。

 

中国の人権問題について

ノーベル平和賞を受けた劉暁波(リウシアオポー)の人権について、2社が取り上げてます。

 

★朝日新聞さんは、

中国の共産党の一党支配について、

劉氏が投獄されて、ずっと放置されてたような今回のことは、中国の人権問題の象徴。

人権派のひとたちが次々拘束され、知識人が黙っているしかなくなって、庶民に寄りそうひとがいなくなってしまう。

国際社会は声を上げて習政権に人権の保証を働きかけなきゃ。

といってます。

 

★産経新聞さんは、

中国の実体のない憲法について、

中国が「各国は内政に口を挟まないで」といってるけど、全く違う問題で、劉氏の今回の件は基本的人権のことだから、すぐに釈放や出国を認めなければ。

国際社会も今回の件、ちゃんと見ないとね。

今度ドイツでやるG20も中国にカイゼン迫ってほしい。日本も黙ってたらいけないね。

といってます。

 

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 

毎日新聞は、○○なおじさん!?

新聞読み比べの面白さはこちらの記事→

【芸人式新聞の読み方 】

PR

 PR