本から学び仕事に活かすブログ。

ビジネス書の研究、社説の読み比べと要約など。実力派ビジネスマンに向けて、役立つサイト作りを目指してます。

今日の社説は【トランプ政権疑惑が○○を招いてるよね】の記事が4社。2017/6/11

f:id:daishibass:20170611073722j:image

もくじ

 

 

 

社説とは

新聞・雑誌などで、その会社の主張・意見としてのせる論説。

新聞各社の、たぶん偉い人が、日々それぞれの考え方や立ち位置をベースに、世の中に対して小言を言ってるようだと。

時にガミガミと、時に淡々と。

ご意見番たちが世の中に、一言もの申す。申したものを比べて学べば、何かが見えてくる!?

 

【今日の社説 2017/6/11】

 

朝日新聞

子育て支援 待機児童解消が先だ 

英国とEU 離脱への道、熟考を

社説トップページ

 

産経新聞

前FBI長官証言 究明急ぎ混迷を断ち切れ

プルトニウム被曝 再稼働の機運に水差すな 

社説トップページ 

 

毎日新聞

メイ首相 誤算の英総選挙 対EUの迷走を懸念する 

FBI前長官の露疑惑証言 米大統領の「圧力」究明を

  →社説トップページ

 

日本経済新聞

安倍政権は財政健全化から逃げるな 

米政権は疑念に真摯に答えよ

社説トップページ

 

読売新聞  

トランプ氏疑惑 「捜査中止指示」の証言は重い 

英保守党退潮 EU離脱の混乱は避けられぬ

社説トップページ  

 

【トランプ政権の記事は4/5社】

米トランプ政権に関わることについて、5社中4社が、取り上げてます。

 

産経新聞さんは、司法の独立性がなくなったかという不信な空気が漂うといい、シリアやウクライナの解決にも遠のくといってます。

 

毎日新聞さんは、トランプ大統領はロシアに介入させた?と疑いながらも、でも日本より司法と立法しっかりしてるよね、日本は文書1つとっても確認できないし。と与党批難の合わせ技を。

 

日経新聞さんは、トランプ大統領は疑惑について証明しないとね、世界に迷惑かかるし。といっています。

 

読売新聞さんは、トランプ大統領の行為が司法妨害に該当するのかが焦点、また自らの発言が政権を大混乱させてるのを自覚しないとね、といっています。

 

 

【英国の総選挙の記事は3/5社】

英国の総選挙についての記事は5社中3社が取り上げてます。

 

 朝日新聞さんは、メイ首相は理念に走りすぎず、ちょっと立ち止まったら?といってます。

 

毎日新聞さんは、 混乱を招いてる最大の原因はメイ首相であり、政治が不安定だと外交に影響するから、早く立て直して欲しいといっています。

 

 読売新聞さんは、メイ首相の賭けは失敗に終わった、混乱を早急に収拾しEUとの交渉に備えるべき、といっています。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆

 

各新聞社の社説の読み比べの面白さについては【芸人式新聞の読み方】という本が参考になりました。こちらの記事でご紹介しております。→【芸人式新聞の読み方 】