本から学び仕事に活かすブログ。

ビジネス書の研究、社説の読み比べと要約など。実力派ビジネスマンに向けて、役立つサイト作りを目指してます。

【新聞社説の読み比べ方】要点を抑えて味わい深く読む!

もくじ

 

社説とは

新聞や雑誌の主張・意見を指します。 

新聞各社、それぞれの考え方や立ち位置などをもとに、日々、世の中にお小言をいっているよう。 

時にガミガミと。時に淡々と。

何の話題を?

誰に対して? 

そもそも、新聞ってどこも同じようなものじゃ内容ないの?

 
新聞を読み比べるイメージ

新聞各社が取る立ち位置は

各社、どのような視点でものごとに切り込んでいるのでしょうか。

こちらの記事から、読み比べ部分を一部抜粋しました。

www.daishibass.com

 

朝日新聞さん…(社説)

エリート的リベラル。政権によくモノ申す。時にぐうの音も出ない程の的確な正論でモノ申す姿は、逆に鼻につくことも。 

産経新聞さん…(主張)

キングオブ保守。日本バンザイ。政権批判のあとに「だから改憲でしょ」や「だから国防強化だ」という意見に繋がりやすい。 

毎日新聞さん…(社説)

淡々としたリベラル。朝日さんと取り上げるテーマや意見がかぶりがち。 

日本経済新聞さん…(社説)

ビジネス一筋。社説ではビジネス事例の紹介や、プレゼンが始まったか?と見られる時も。最も現実的な意見を言うのは日経さんかもしれない。

読売新聞さん…(社説)

あからさまと言っても差し支えないくらい政権寄りの発言。むしろ強みとしているのか。 「政権にモノ申すようで国民との仲を取り持っているよねこれ」という社説をしばしば見かける。  

新聞各社の取ってる立ち位置にこのような違いが現れて、社説に反映されていきます。

各社が同じ出来事を取り上げても、色々な視点や意見で書かれているので、そこを読み比べていくことが大きな醍醐味と言えるでしょう。

では他にも事例を挙げて、各社の社説を読み比べてみます。

 

朝鮮学校の判決

2010年に始まった高校の授業無償化に当たり、国は朝鮮学校については無償化の対象外としました。

広島朝鮮学校は広島地裁に対し、国の処分について取り消しなどを訴えたものの、国の対応は妥当であるとの判決をされ、退けられることとなります。

この件について2017年7月20日以降、毎日新聞、朝日新聞、産経新聞、読売新聞の4社は、それぞれの視点からモノ申されています。

 

7/20 

毎日新聞…制度の理念に合わないが、学校にも改善する点がある。

 

7/21 

朝日新聞…国は適用を検討すべき。

産経新聞…北朝鮮や朝鮮総連の影響濃い学校運営を考えたら当然の判決。

 

7/22 

読売新聞…民族的なことでなく、不透明な学校運営の実態を踏まえたら妥当。

 

どのような立ち位置を取ったか改めて読み比べてみますと、 

毎日新聞さんは「どっちもどっち」的な立ち位置。※その後「国の主張はおかしい」という意見に寄っていきます。

朝日新聞さんは「国の主張の方がおかしい。」

産経新聞さんは「国の判決は当然。北朝鮮や朝鮮総連に教育方針影響されてるんだから。」

読売新聞さんは「国の判決は当然。民族どうこうでなく不透明だから」

 

そして、逆に目立つのが日経新聞さん。やはりビジネス一筋の立ち位置からなのか、4社が盛り上がるなか、社説で取り上げることもしません。意見しない、ということです。

 

このように、各社における捉え方の違いがよく表れているといえます。

(朝鮮学校に対する判決の流れは、この後も続いていきます)


新聞社説読み比べ2

読み比べのまとめ

一つのものごとに対して、いろんな意見がある。

どれか一つが正解ではなく「多角的にものごとを見れる」

読み比べでそれを味わう方が、深い理解にも繋がり、有意義に受け止められると言えるのではないでしょうか。

 

一社だけを見ていたら気づかない、文字のエキスパートたちが贈る共演の日々。

読み比べてみたら、見えなかったものが見えてくるようになるかもしれません。

◇ ◆ ◇

新聞が面白くなる本のご紹介です☆ 

www.daishibass.com

PR

 

あの人の30分を買ってみよう。+【タイムチケット】

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】

隙間時間まで勉強へ ファイナンシャルプランナー3級/2級講座【資格スクエア】